北京出張を振り返り-1

本当は出張先の北京で、毎日更新しようと思っていたのですが、国外IPフィルターを有効にしたままで中国からアクセス出来なかったのと、忙しさで結局更新できませんでした。

今回の出張を振り返ってポツポツと更新していきます。

第一日目(9月17日土曜日)

北京行きのフライトが9時なので特急はるかでは遅すぎるため、JRで梅田まで出てそこからリムジンバスで関空へ移動。7時前には関空に到着出来ましたが、中国では中秋節3連休の最終日、日本では3連休の初日ということもあり、空港は朝から混雑していました。

無事予定通り搭乗して北京へ。途中、乱気流がひどくて落ちるかと思うほど揺れました。中には悲鳴を上げてる乗客もいたほどです。後で他の同僚に聞いたら、揺れたのは私が乗っていた便のみのようです。

ま、ともあれ北京空港に無事生きて到着し、荷物を受け取った後東京から来ていた同僚と合流。タクシーに乗り、北京京儀大酒店へ向かいました。

image

写真は、北京京儀大酒店のエントランスをくぐった先のロビーです。この写真の右側には受付ロビーがあります。北京の海淀区、中関村にあるこのホテルは北京に出張するときいつも利用しています。豪華な割にリーズナブルな値段で、私のような業界の人には立地も最高です。ただ、観光地はちょっと遠いかな。

チェックイン後、後からくる大阪の同僚2人の到着まで時間があったので、それぞれ部屋で休憩。私は銀行が開いていたので、両替に行きました。中国では休みの日でも銀行が開いているんですね。もちろん全部じゃないと思いますが。

 

image夜、残りの2人も無事にホテルに到着し、全員揃って食事へ。初日の夜は、ホテル近くの火鍋屋です。伝統的な火鍋が売りのようで、何年も前にとある知人の事務所所長に奢ってもらった覚えがあります。

味はもちろん保証付きです。外は雷を伴う大雨が降っていました。

まずは、全員無事に現地入り出来たことを祝い、翌日からの大変な日程を前に英気を養うことが出来ました。

 

ホテルに戻る頃には、雨は小ぶりになっていましたが、傘なしでは結構厳しい感じでした。ホテルに戻った後は、全員翌日に備えて早々に就寝。北京の夜は肌寒ささえ感じるほどでした。

北京出発前日

来週の月曜日から北京で開催される、中国特許情報年次総会(PIAC2016)に勤め先のブースを出すために、今年の春頃からずっと準備をしてきました。

いくら準備しても、と言うより、準備すれば準備するほど、大丈夫かな?という気持ちになりますが、いよいよ明日17日早朝の便で北京へ発ちます。

明日は早朝の便ということもあり、朝4時半に起床して5時半に家を出る予定です。

早起きが苦手な自分はそれが一番心配です。