北京出張を振り返り-2

北京出張第二日目(9月18日日曜日)

この日は2件の事務所を訪問させていただきました。

日曜日なのに?と思う方もいらっしゃると思いますが、この日は中秋節明けの振替出勤日。

日本では例えばお正月の三ヶ日が、水、木、金だったら、ついでに翌日の土、日も合わせて5連休になりますが、中国の場合はそうはなりません。決められた日数の休日期間が明けた日が週末であれば、振替の出勤日となります。いいのかどうかは別として、この日は日本やその他の多くの国で休日ですが、中国では平日扱いです。

 

滞りなimageく一軒目の事務所を訪問した後、二軒目の訪問先近くへ移動し昼食を取りました。

夜に沢山食べるつもりだったのでお昼は控え目に、煎餅(チィェンビン)を屋台で購入し、隣のマクドナルドで飲み物を買ってマクドナルドの店内で食べました。日本で外から持ち込んだものを店内で食べてると叱られますが、中国では怒られません。まあ、飲み物はマクドナルドで購入しましたしね。

この煎餅は、日本のせんべいとは違い、薄く伸ばしたクレープのような記事に、卵やネギ、パクチー等の具材を載せて焼いたもので、少しチヂミに似た感じの食べ物です。いろんな味付けがあり、安くて美味しいお薦めの一品です。但し、中国語が話せる人がいないと結構ハードルは高いかもしれません。自分も最初は身振り手振りで、これ1つって頑張って伝えていました。

腹ごしらえが出来たあと、二軒目も訪問が終わり、PIAC2016の会場へ荷物持って会場へ移動。出展者はこの日に入場券をもらって会場のセッティング等が行えます。

2013年にPIACに出展した時は、この前日の準備が出来なかったので当日、てんやわんやでした。

前回の教訓を元に今回は抜かりなく、前日に準備できるように予定を組んでいました。ただ、会場は国家会議中心で、近くに北京国際会議中心という紛らわしい施設もあり、自分の伝え方が悪かったのか、北京国際会議中心に行ってしまいました。

PIACの会場は毎年、国家会議中心です。国際会議中心ではありません。いや、ほんと紛らわしい。マジで・・

image出張メンバーの素晴らしい手際で、あっという間に準備が終わり、会場を後に。

朝方はまだ雲が多かったですが、夕暮れ時には、大気汚染!?なにそれ?って言うぐらい夕焼けが非常に綺麗でした。写真は帰りのタクシーから撮影した夕日です。

一旦ホテルに戻った後は、以前行ったことがある北京ダックの美味しいお店、四世同堂へ。image

 

この店の店内の写真を撮るのを忘れてしまいましたが、清王朝時代をテーマにした内装のお店で、味よしサービス良しの優良店です。

北京ダックは写真取る前に平らげてしまったので、残っている写真はこの料理だけ。端に置いてある干豆腐(豆腐を干したもので日本でも中華物産店で入手可)で、真ん中の肉や野菜を巻いて食べます。

 

もちろんその他にも色々注文しましたが、全て写真のことは忘れて全員でガッツきました。

いや~~、中華って本当にいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です